agaに負けない習慣!?日常生活で注意したいこと


ストレスと喫煙が髪に悪い理由

肌に悪い習慣は頭皮にも悪く、agaを促進させやすいと考えてください。ストレスと喫煙に共通するのは血行不良・毛細血管の収縮であり、毛根への栄養供給が低下して髪を細くするのです。ストレスが溜まるとタバコが欲しくなる人は多いですが、これはまさしくagaを促進するダブルパンチです。若いころはストレスや喫煙などの影響は出にくく、十分なボリュームを維持できるかもしれません。しかし肌トラブルが気になり始める年代になると、agaのリスクも一気に高くなるのです。顔の皮膚と頭皮の状態は一致することが多いので、肌トラブルが頻発するようになったらaga対策も本格的に始める必要があります。身体に悪いこと、メンタルに悪いことは徹底して取り除いていきましょう。

対策方法の王道は早期のケア

やや髪質が弱くなった時点でaga対策を始めるのが理想です。やや弱い状態を普通の髪質に戻していくことはそれほど難しくありません。一方で産毛状態まで弱った状態から回復させるのは大変なことです。多くの時間と費用がかかるので、途中で挫折する人が増えてきます。ボリュームが少し減少した程度では自覚が難しいかもしれませんが、3分の2くらいに減れば誰でも自覚できます。この時点で本格的な対策を始めれば、年齢相応のボリュームまで復活させることは十分に可能です。近年は男性ホルモンの頭皮へのダメージを抑制する治療薬が登場しています。外用薬と併用していく方法は、現在のaga治療の鉄板です。外用薬は医薬品に属しており、医薬部外品より強い作用を持っています。

agaを仙台で解消したいなら駅周辺にあるクリニックに通うのが基本です。実績のあるクリニックが多数あります。