脱毛を継続するコツは!?痛みの抑制とスキンケアが要に


すべすべにするなら痛くない脱毛を

脱毛において大切なのはむだ毛の再生を抑え、すべすべを維持することです。痛い脱毛ほど効果が高い現実がありますが、何度も受けるのは大きな負担になります。脱毛出力を抑えれば効果は弱くなりますが、痛みも弱くなるので脱毛処理に苦痛を感じにくくなるでしょう。バルジ領域にアプローチできる脱毛法は、従来の方法よりも痛みが抑えられています。すべすべ肌を手に入れるためには、2年くらいの期間を見積もって脱毛を受けるのが基本です。1回の脱毛に高い効果を求めてしまうと、必然的に痛みが増してしまいます。エステサロンより医療脱毛のほうが痛いと言われる理由です。処理完了までの回数の目安はエステサロンで10~12回以上、医療レーザーで5~6回くらいです。

むだ毛ケアとスキンケアは同時にするのが大切

むだ毛の処理の頻度はなるべく少なくするのが基本です。除毛より脱毛が注目されているのは、除毛より処理ペースを遅くできるからです。除毛だと1週間に1回は処理が必要になりますが、脱毛だと1~2か月に1回くらいになります。処理頻度を減らせば肌への刺激を抑えられるので、老化防止やアンチエイジングに役立つのです。むだ毛を処理すると肌に刺激を与えますが、適切なスキンケアをすれば刺激に負けない肌を実現できます。むだ毛処理のあとはたっぷりの化粧水を塗布して肌を保水しましょう。プルプルの肌は水分を多く含んでおり、紫外線の刺激をブロックしてくれます。むだ毛ケアは肌を乾燥させやすく、普段は正常肌の方も乾燥肌に傾くことが多いので、化粧水の使用量はいつもの2倍くらいに増やしてみましょう。

カミソリ等での自己処理は手軽ですが、カミソリ負けや肌荒れ、色素沈着などのリスクもあります。その点脱毛は自己処理で起こる肌トラブルを回避でき、美肌を手に入れることもできます。