医療機関でなくてもaga対策はできる!?その方法を紹介


重症化していなければ育毛サロンで対処できる

agaになったら医療機関に行くのが確実ですが、健康保険を使えない問題があります。aga治療は美容皮膚科のメニューに含まれていることが多いことからも、美容施術の一種と捉えられているのです。疾病の治療には保険が使えますが、美容目的の施術には使えません。医療発毛で内服薬と外用薬・注射などの方法を並行していくと、月額で5万円を超えてしまうケースが少なくないです。そこで初期のaga対策においては育毛サロンを利用する方が多いのです。サロンではagaの原因物質であるテストステロンを抑えることはできませんが、それ以外の原因を特定して対処することはできます。髪質が軟毛になってきた、抜け毛が縮れるようになった、洗髪すると排水口が真っ黒になる、などの症状がある方は育毛サロンを活用しましょう。

安心して通える育毛サロンを見つけよう

育毛サロンに通うペースは週に1~2回が好ましいと言われています。頻度が少なすぎると抜け毛・薄毛の進行スピードを食い止められず、サロン通いをしているのにagaが進行するという状況を招きます。育毛サロンを探すときは店舗が目立たない場所にあること、そして完全予約制を導入しているところを選びましょう。人通りの多い場所にあるサロンだと、入店時に知り合いに見られないとも限りません。完全予約制のサロンはプライバシー意識が高く、客同士の接触を避けるために都合がよいです。サロンの育毛効果を確かめるためには、導入するマシンを見てみると大体わかります。最先端マシンを導入しているサロンは、高い育毛効果を期待できると考えてください。

agaの症状は人によって個人差が異なるため、自分の症状に合った施術を受けることが大切です。agaを千葉で行う時は、無料でカウンセリングが受けられる所を探すことが大切になります。