食生活の乱れはagaの始まり?agaと食生活の密接な関係とは


食生活は髪の毛に影響を及ぼす

agaの原因にはホルモンの関係や遺伝などが挙げられますが、中でも着目すべきなのが食生活の乱れです。食生活が乱れると、髪の毛に必要な栄養素が行き届かなくなります。次第に髪の毛が細くなったり、艶がなくなったり、症状が進むと抜け毛まで増えてしまいます。食事制限などの無理なダイエットをしていたり、好き嫌いが多いという男性は要注意です。

また、不規則な食生活も髪の毛に影響を及ぼします。1日3食きちんととっていなかったり、夜遅くまでドカ食いしてしまう場合は注意が必要です。仕事や勉強の都合で食事時間がずれ込む場合には、栄養バランスを考えて軽めに食べるなどの工夫が必要です。さらに、飲酒も気を付けなければなりません。agaは男性ホルモンが頭皮の酵素と結びつくことで強力になり、その強力なホルモンによって症状が引き起こされます。アルコールの成分には、この強力な男性ホルモンを増加させる場合があるのです。

食生活を見直せば対策にも繋がる

食生活を見直すには栄養バランスを考えましょう。髪の毛に良いとされる食べ物は、タンパク質、ビタミン類、亜鉛です。タンパク質は髪の毛の主成分であり、欠かすことのできない成分です。タンパク質が含まれている食べ物は卵や牛乳、豆腐や納豆などが挙げられます。ビタミン類は中でもビタミンB6とビタミンEが活躍します。ビタミンB6は余分な皮脂の分泌を抑制し、ビタミンEは血管を拡張して血流を良くしてくれるのです。ビタミンB6は赤身魚やバナナなどに、ビタミンEはナッツ類やホウレン草などに含まれています。亜鉛はタンパク質を作るために欠かせない成分で、牡蠣やレバーなどに含まれています。

薄毛の治療をしたいけど、どこでできるだろうかと悩んでいる人もいるかもしれません。agaを札幌で治療することができます。